結婚式の司会者完ぺきマニュアル

披露宴の演出, 披露宴の準備・演出・司会・受付マニュアル

00:10 主賓ご祝辞

司会者の台詞
それでは、ご来賓の方々からご祝辞を頂きたいと存じます。
はじめに、新郎側のご来賓を代表なさいまして、新郎の勤め先の上司でございます、
○○株式会社<役職>○○様にお願い致します。
(ご祝辞)
どうもありがとうございました。(席に着くのを待って)
続きまして、新婦側のご来賓を代表なさいまして、新婦の勤め先の上司でございます、○○株式会社<役職>○○様にお願い致します。
(ご祝辞)
どうもありがとうございました。(席に着くのを待たずに)

司会者へのアドバイス
新郎新婦の紹介後、一呼吸おいてから、進行しましょう。
ご来賓の方のお名前を間違えないように気をつけてください。

00:20 ケーキ入刀

司会者の台詞
それではここで、新郎新婦ご両人のお手により、ウエディングケーキにナイフを入れて頂きます。
カメラをお持ちの方はご用意下さい。お二人が、ケーキにナイフを入れましたら拍手をお願い致します。
(進行係の合図か様子を見て)
ウエディングケーキ入刀でございます。
(充分、間を取って)
みなさま、どうもありがとうございました。今一度、新郎新婦に盛大な拍手をお願い致します。

司会者へのアドバイス
ご来賓の祝辞が終わってから、一呼吸おいて、ケーキ入刀へ移ります。
「ウエディングケーキ入刀でございます。」の決め台詞は、会場係の合図だけでなく、新郎新婦の手元のタイミングをしっかり見計らって、外さないように決めましょう。
シャッターチャンスですので、この間、新郎新婦は決めポーズを長時間保ちます。
どの程度間を取るかは、周囲のカメラ小僧と化した皆様の状況により異なります。
尚、生ケーキ等で、後ほどこのケーキを振舞う場合は、「このケーキは、後ほど、皆様にもお召しあがり頂きますので、楽しみにお待ちください。」等とつけたすと良いでしょう。
ちなみに、「切り分けて」「切る」「分ける」は禁句です。

POINT

ここで、オススメの時間確認方法をご紹介します。
「ウエディングケーキ入刀でございます。」と言ってから、ゆっくり、自分でも撮影に行きましょう。
ケーキ入刀の場所は、司会者と反対側の前面である場合が多く、その場合であれば、ゆっくりと撮影しに行って戻ってきたくらいが、丁度良いと思います。

00:30 乾杯

司会者の台詞
引き続きまして、新郎新婦の前途を祝しまして、ご列席のみなさまに乾杯をして頂きたいと存じます。
乾杯のご発声は、新郎の勤め先の上司でございます、○○株式会社<役職>○○様にお願い致します。
みなさまには、誠に恐れ入りますが、お手元のグラスをお持ちになりまして、ご起立をお願い致します。
それでは、○○様お願い致します。
(ご祝辞と乾杯の御発声)
乾杯(若しくはおめでとうございます等、御発声を復唱)
おめでとうございます。どうもありがとうございました。
みなさま、どうぞご着席ください。

司会者へのアドバイス
新郎新婦が高砂へ戻って、一呼吸おいてから、進行しましょう。
ご来賓の方のお名前を間違えないように気をつけてください。

POINT

司会者にも飲み物が用意されますので、一緒に乾杯してください。

00:35 ご祝宴開始

司会者の台詞
これより、祝宴にはいらせていただきます。
お祝いのお言葉は後ほど頂戴致したいと存じますので、ごゆっくりご歓談ください。

司会者へのアドバイス
乾杯の後、拍手が収まって、ご発声をして頂いた来賓の方が席に着くのを見計らって、台詞に移ります。
歓談に入ると、新婦の退場まで、自分の席で一休みできます。

00:45 新婦お色直し退場

司会者の台詞
ご歓談中恐れ入りますが、ここで、新婦にはお色直しのため、しばらく中座させて頂きます。
(新婦がお開き口へ移動)
それではいってらっしゃいませ、どうぞみなさま、拍手でお見送り下さい。

司会者へのアドバイス
会場係が司会者のところまで、時間を教えに来てくれるので、それまでゆっくり歓談することができます。
新婦が退場して扉が閉まったら、新郎が退場するまで、また一段落できます。

00:55 新郎お色直し退場

司会者の台詞
ここで、新郎にはお召し替えのため、20分ほど中座させて頂きます。
どうぞみなさま、拍手でお見送り下さい。
(この後、時間が空くので両家ご両親と朗読祝電の決定、祝電フリガナふり)

司会者へのアドバイス
新婦退場の時と同様に、会場係が教えに来てくれます。
また、会場係が、司会者のところまで、祝電を持ってきますので、すぐに両家の両親へ持参し、全文朗読するものとお名前だけを読み上げるものを、ピックアップして頂きましょう。
新郎新婦は、着替え後、お色直し衣装での写真撮影中ですので、新郎新婦に相談に行くことはできません。
ピックアップして頂いた祝電は、その場で必ず読み仮名を振りましょう。

POINT

新郎新婦が入場するまで、まとまった時間がありますので、招待客としても招かれている場合は、この間、司会者でもきちんと料理を堪能することができます。
尚、この間に、きちんとトイレを済ませておきましょう。

01:20 新郎新婦お色直し入場

司会者の台詞
みなさま、たいへん長らくお待たせ致しました。
これより、新郎新婦、装いも新たに、キャンドルサービスによるご入場でございます。
みなさまのテーブルへご挨拶に伺いますので、どうぞ温かい拍手やお言葉をおかけ頂きたいと存じます。
(メインキャンドル点火直前)
メインキャンドルへの点火でございます。
(新郎新婦が席へ戻る)

司会者へのアドバイス
例の如く、会場係が声をかけてくれたらスタンバイにつき、会場係の合図により、台詞をどうぞ。
キャンドルサービスは、ゆっくりと全席を周りますので、5~15分程度時間がかかります。
全席を周ったら、メインキャンドルのところにまで来て、ゆっくりと点火します。
点火する前に、「メインキャンドルへの点火でございます。」の台詞をタイミング良く決めましょう。
披露宴が一番盛り上がる瞬間でもあります。

POINT

披露宴のメインイベントの1つであるメインキャンドル点火は、シャッターチャンスですので、ケーキ入刀時と同じように、少し間を取ります。

 /  /