結婚式っていくらかかるの?

結婚式の費用

結婚式場に訪れると、最初に概算見積というものをもらいます。
でも、この見積はあくまで参考です。
もらえる見積自体、40人の場合、60人の場合、80人の場合とあらかじめ印刷されたものをくれるだけのところもあれば、こちら側の希望にそって見積を計算してくれるところもあります。
もちろん、印刷されたものしかくれないところも、打ち合わせで、きちんとした見積をくれます。
人気の結婚式場等では、お客さんを効率良くさばく為に、こういったものが取り入れられています。

結婚式っていくらかかるの?

この見積は、結婚式場を最初に選ぶ段階で重要なアイテムになる訳ですが、この最初にもらう見積金額では、結婚式は行えないと言って良いでしょう。
こちら側の要望にそって作成してくれた見積表でも同じです。
本契約前にもらう最初の見積表の金額のままで、結婚式を挙げることは、まずできないと言って良いでしょう。

挙式、披露宴にかかる費用と目安

ホテルや結婚式場で最初にもらう見積は、「最低限度の費用しか含まれておらず、実際にはオプション費用等がプラスされる」と言うような説明の雑誌やサイト等を見かけますが、正確ではありません。
最低限度の費用というからには、節約すれば、その費用で結婚式ができちゃうように感じますが、実際には結婚式を行う最低限度の項目に足らず、「オプション費用をプラスしないと通常の結婚式にはならない」と言った方が良いでしょう。


結婚式場選びの段階では、各結婚式場から概算費用を示した見積書が貰えますが、他所の結婚式場と費用を比較される為、なるべく安い見積金額が書かれています。
まあ、仕方がないですね。
他所の結婚式場でも概ね見積書の条件は変わらないので、結婚式費用の比較は可能ですが、概算見積そのままの金額では一般的な結婚式にはなりません。
なるほど。結婚式の費用の比較はできるけど、見積金額をそのまま結婚式の費用だとは思わない方がいいんですね。
その通りです。但し、なるべく実際の結婚式の金額と変わらない様にきちんと見積を載せている結婚式場もありますので、見積の詳細まで比較して、式場毎に何が載っていて何が載っていないかをきちんと確認しましょう。
結婚式場毎に見積書に載せている項目に違いがあるんですね。
結婚式はオーダーメイドで、人それぞれ見積の内容が変わりますし、ブライダルフェア等で詳細を確認しないと、そもそも自分達が何をやりたいのかさえ決まっていない訳ですから、最初から正確な見積書を提出する事はできません。


それでは具体的に結婚式の最初にもらえる見積に含まれていないものをご紹介します。

結婚式の費用/見積に含まれるもの

● 挙式料 <5万~20万円>
● 衣装<25万~35万円>
● ブーケ、ブートニア<3万~10万円>
● 装花、コーディネート料<5~20万円>
● ヘア、メイク、着付け<5万~10万>
● 介添料<約1万円>
● 招待状、席表、メニュー表など<約10万円>
● 料理、飲み物<1名につき1万5千~2万5千円>
● ウエディングケーキ<5万~10万円>
● 引き出物、引き菓子<1名につき5千~7千円>
● 音響、照明等の演出料<5万~10万円>
● 写真<10万~30万円>
● 宴席料、控え室使用料<5万~10万円>

結婚式の費用/見積に含まれないもの

● 結婚指輪<10~30万円>
● BGM、カラオケレンタル<2~10万円>
● 司会者<5~10万円>
● 飲み放題<10万~30万円>
● ビデオ撮影<10~20万円>
● 写真の焼き増し代<5~10万円>
● 持ち込み料<10~50万円>
● ジョーゼット<5~10万円>
● メイクリハーサル<2万~3万円>
● 贈呈花<1~2万円>
● 心付け<1~5万円>
● 引き出物の紙袋<1~3万円>
※実際に含まれるかどうかは式場によります。

POINT

式場選びの段階でもらえる見積書は実際よりも安い金額になっている!
・どこの結婚式場でも概ね見積書の条件は同じなので、費用を比較するには困らない!
・但し、初期の概算見積そのままの金額では一般的な結婚式にはならない!

結婚式の費用と予算・結婚資金


結婚指輪、余興のカラオケ、司会者、飲み放題、ビデオ撮影、メイクリハーサル、贈呈花といった、個人によって内容が変わるオーダーメイドの部分が最初にもらう見積書には含まれていません。
オーダーメイドの部分ですから見積書に含められないですね。
その通りです。結婚式の内容は本当に人それぞれで、豪華にいきたい方と質素にしたい方では全然料金が異なる訳ですが、パッと来て打ち合わせもせずに見積だけよこせと言われたら、最低限度のものしか渡せないんですね。
なるほど。よく分かりました。
この為、こちら側で何が含まれていて何が含まれていないかをしっかり確認しないといけないんです。
見積だけもらってじっくり検討しないで予算を考えるのは危険って事ですね。
そうです。結婚式の他に、新婚旅行新居家具家電の費用も考えないといけないので、予算オーバーにならない様に気を付けましょう。

 /  / 

次は結婚式の見積と実際の金額