必見!結婚式の節約術

結婚式の費用

衣装・ドレス

安いところで衣装を借りて、結婚式場に持ち込みをしようとしても、別途持ち込み料が発生します。
それを考えると、結婚式場で挙式を挙げる場合の衣装は、式場のパックプランに含まれる衣装で済ませるのが最も安上がりです。
でも、衣装にはランクがあって、パックプランに含まれる衣装は、中級ランク以下のものです。
ワンランク上の別料金の衣装は、やはり素晴らしく、比べると絶対にそちらに傾いてしまいます。
この場合の節約する最大の秘訣は、パックプランの衣装しか見ないことです。

一生に一度の結婚式です。花嫁としては、やはり素敵なドレスを着たいですよね♪
しかし、この衣装のランクUPが、結婚式のオプション費用としては、けっこうお金がかかる節約ポイントです。
はっきりいって、他の人には、両方比べて見なければ、その違いはわかりません。
特に列席者の皆さんには、パックプランの衣装でも、よほど合わないとかでなければ、とても素晴らしいウエディングドレスに変わりはないのです。

自己満足の範囲でしかないので、パックプランで良いものがあれば
「他のものも一応見てみますか?」
と言う式場側の甘い誘惑はできるだけ断るのが節約の秘訣です。
パックプランの衣装の中に、それなりにでも気に入ったドレスがあれば、あなたはラッキーです♪
白ドレスと色ドレスのランクアップ代は、両方合せて10万~20万円。安く見積もっても10万円の節約達成です!
もちろん、パックプランの衣装で納得できなければ、仕方がないのですが・・・

節約ポイント

・他所で衣装を借りて結婚式場に持ち込むには、別途持ち込み料が掛かる!
・列席者の皆さんには、よほど合わないとかでなければ、どの衣装でも素晴らしい!
・ドレスのランクアップはただの自己満足!
・パックプランの衣装の中で気に入るものがあれば、それに決めて他は見ない!

ブーケ・ブートニア

花嫁は拘りたい部分ですが、白ドレスと色ドレスのどちらにも合うようなブーケを選んでおけば、1つで済みます。
更に造花にすれば、2万円以下に抑えられます。
生花かどうかは列席者にはまずわからないので、造花で2つ、若しくはどちらかだけ造花にするのも良いでしょう。

どうしても生花にしたい場合は、ブライダルフェアで正式契約をしましょう。
10~20%OFFやブートニアのオマケサービス等の特典を受けられることが多いです。

生花の場合は、2つで5万円。造花なら2つで1万5千円。持ち込み料もなく、外で作って3万5千円の節約達成です!

POINT

・生花か造花かは列席者にはまずわからない!
・白ドレスと色ドレスのどちらにも合うブーケなら1つで済む!
・造花なら、記念にずっとそのままの姿で持っていることもできる!

招待状・席次表・メニュー/ペーパーアイテム

結婚式のペーパーアイテムは、一番の節約ポイントです。
自分達の個性が出せるところでもありますので、オリジナルアイデアで頑張りましょう。
今はパソコンで簡単に作ることができます。

式場のセットプランに入ってしまっている場合もありますが、プロフィール紹介の様なペーパーアイテムはないので、ぜひ作りましょう。
新郎新婦のどちらか片方しか面識のない友人や親戚の方達にも、結婚相手の予備知識を与えることができますし、新郎新婦が入場するまでの待ち時間に、お客様を飽きさせないで済みます。
ペーパー類を来賓のお名前を書いた封筒に入れてテーブルに置けば、オリジナル席札まで完成!

自分で作る場合は材料費がかかりますが、まず5千円は超えないでしょう。
ペーパーアイテムは、全部まとめて1セット500~1,000円。80人なら4万円で、3万5千円の節約達成!

節約ポイント

ペーパーアイテムは式場のセットプランに含まれている場合が多い!
・プロフィールの様な個人的なアイテムは自分で作ろう!
・手作りアイテムが盛り込まれているだけで2人だけのオリジナルウエディングに!

ウエディング・ペーパーアイテム

 /  / 

次は引き出物・写真・ビデオ・ブライダルエステの節約術



必見!結婚式の節約術
招待客の人数・料理・ケーキを節約!
引き出物・写真・ビデオ・ブライダルエステを節約!