結婚式の引き出物、引き菓子の選び方です。結婚式の引き出物、ウエディングギフトのマナー。オススメの引き出物、引き菓子をご紹介。引き出物♪

結婚式ポータル/知ってて得するウエディングマニュアル
 
Web weddingmanual.net

 ホーム > 失敗しない引き出物の選び方

結婚式の引き出物

引き出物引き菓子は、二人の結婚式の最後の締めくくりです。
祝って頂いたご来賓の皆様への感謝の気持ちを込めて、お祝い返しの引き出物を贈ります。
ご来賓の皆様が、料理の次に楽しみしているのがこの引き出物でしょう。
アイデアで凝るのも良いですが、がっかりさせないようにしましょうね♪

結婚式の引き出物のマナー
結婚式の引き出物は、頂いたご祝儀に対してお渡しします。
ご夫婦でいらっしゃった方は、ご夫婦で1つのご祝儀を頂けますので、引き出物も1つだけお渡しすれば良いです。
結婚式の引き出物
でも、必ずお一人でいらっしゃった方とは差をつけ、引き出物のランクをあげてください。
ご祝儀の金額は、一般的に、ご夫婦は2人で5万円、若い友人の場合は2万円程度です。
お渡しする引き出物はどちらの場合も1つだけ。
なるべく、ご祝儀の額に見合った引き出物を用意して、招待客の皆様に喜んでもらいたいものです♪

最近の結婚式の引き出物の特徴
最近の結婚式の引き出物の特徴は、大きく二手に分かれています。
引き出物には、特に流行というものはないのですが、最近多くなってきているのが、カタログギフトです。
このカタログギフト派と、昔ながらの心のこもった使える品物を贈るというスタイルの、2パターンが主流です。

お手軽で、ご来賓の皆様に、自由に好きなものを選んでもらえるカタログギフト。
自分達の気持ちのこもった、使える厳選アイテム。
どちらも一長一短があって、どちらの方が良い!とは言えません。

カタログギフトの特徴
<良い点>
・持って帰るのがラク
・ご来賓の皆様の好きなものを自由に選んで頂ける
・新郎新婦は、引き出物を決めるのが簡単

<悪い点>
・味気ない
・カタログなので、注文するにも実物を確認できず、実際に届いたら「あれ?」ってことも
・カタログ代や配送料が金額に含まれている為、実際の商品の価格は、500円程度安いもの
(3,000円のカタログギフトに載っている品物は、2,500円程度の品物です)

気持ちのこもった厳選アイテムの特徴
<良い点>
・もらった満足感がある
・新郎新婦の気持ちが伝わりやすい
・老若男女でバリエーションを変えやすい

<悪い点>
・かさばる
・ご来賓の皆様全員に満足してもらうのは難しい
・新郎新婦に、引き出物を決める作業が発生する
 喜ばれる引き出物とは?
来賓の皆様は若い方から年輩の方まで、趣味趣向も様々です。
二人にちなんだものや二人の好きな物をあげるのも良いですが、 やっぱり、お客様に喜ばれる物を贈りたいですね。

「二人の結婚式なんだから、二人にちなんだものを」と言うのは、 まず、お客様に喜ばれる物であることが前提になっていることを忘れてはいけません。
第一に、お客様がもらってうれしいもの、それでいて二人にちなんだものがあれば、最適でしょう。
あげたい物・贈りたい物ではなく、欲しい物・貰いたい物でなければダメです。
結婚式の引き出物

ワイングラスとワインの道具類一式セットや、調理器具、ナイフやフォークのセットといったものが、 よく引き出物に選ばれることがありますが、正直、これらはあまりオススメではありません。
ワインは飲まない方もいらっしゃいますし、調理器具等は既に皆さん持っています。

やはり、一番無難で、喜ばれる品物第一位は、食器です。
大皿、小皿、カレー皿、小鉢等、どのようなものでも、ご結婚されている方なら、共通して使い勝手があります。

また、若い方と年輩の方で、引き出物を分けるのがオススメです。
食器でも、若者向けや、年輩の方向けと種類がいろいろありますから、若い方、年配の方、それぞれに 異なるデザインの食器をあげるのが良いですね♪
式場では、5種類程度までは問題なく対応してくれます。

その他にもらって嬉しいものは、普段あんまりお金をかけない様なアイテムです。
凝りたい方は、そんなアイテムで、お洒落なものがあれば、そういったものも良いでしょう。
但し、お洒落で凝ったアイテムは、若い方向きと言えます。

カタログギフトの注意点
最近多いカタログギフトですが、こちらも注意しなければならない点があります。
カタログギフトは、値段で安易に決めるのではなく、掲載されている品物をしっかり吟味することがポイントです。
予算が2,500円だからと言って、2,500円のカタログギフトを贈って、後は勝手に選んでもらえば良いと言っても、 そのカタログギフトの中身は、2,000円程度の品物ばかりです。
センスや品揃えの悪いカタログも多く、例え100種類あったとしても、欲しい物なんて1つもない!っていうことも、 実はよくあるんです。

カタログギフトは、パッと見、選べる種類が多いですが、食器、インテリア、雑貨、家電としぼってみると、 それほど品数が多い訳ではありません。ジャンルも、既にお客様がもっているアイテムばかりがラインナップされています。
自分が使っている品物と言うのは、自分が欲しくて、わざわざお金を出して買った物です。
たまたまその品物が壊れたといった場合でもなければ、その愛用品を、2,000円程度の、 よくわからない適当な品物に変えたいなんて思う方は、まず居ないでしょう。

もちろん、欲しい物ばかりの、良いカタログギフトも沢山あります♪
カタログギフトは、掲載商品のラインナップが重要なのです。
後は、なるべく、ワンランク上の金額のものを選択された方が良いでしょう。

人気の引き出物ランキング
オススメの厳選引き出物集
オススメの厳選引き菓子集
>>NEXT

 このページのTOPへ戻る
結婚式の費用と予算・見積結婚式のお礼・心付けの相場ブライダルエステ新婚旅行結婚式の司会引き出物結婚&婚約指輪婚約指輪 
Copyright (C) 2004-2016 結婚式ポータル/知ってて得するウエディングマニュアル, All rights reserved.