結婚式項目別節約術&アドバイス

結婚式の費用

ブーケ・ブートニア

ブーケ・ブートニアの費用

ブーケ・ブートニアの予算:3万~10万円

ブーケ・ブートニア/結婚式・披露宴のアドバイス

結婚式の見積に含まれるのはブーケ1つです。
ブーケは白ドレスと色ドレスで、ドレスに合わせてコーディネートするものですから通常2ついるでしょう。
花嫁は拘りたい部分ですが、白ドレスと色ドレスのどちらにも合うようなものを選び、更に造花にすれば2万円以下に抑えることができる節約ポイントでもあります。

必見!結婚式の節約術

POINT

ブーケは白ドレスと色ドレスで、ドレスに合わせてコーディネートする!
・白ドレスと色ドレスのどちらにも合うようなものを選べば1つですむ!
・生花よりも造花の方が安い!

ヘアメイク・着付け

ヘアメイク・着付け

ヘアメイク・着付けの予算:5万~10万円

ヘアメイク・着付け/結婚式・披露宴のアドバイス

メイクは人それぞれ好みが違います。
当日、結婚式場任せで、まごつかない様に、衣装に合わせたリハーサルを事前に行っておきましょう。

メイクや着付けというのは、自分達のことばかり考えてしまいますが、結婚式当日の家族・親族の着付け予約や費用についても忘れずに。

更に忘れがちなのが、髪の毛のお手入れです。
ブライダルエステも重要ですが、白いウエディングドレスには、対象的な色の髪が意外と目立ちます。
髪のお手入れならエステに行かなくても自分で簡単にできるので、少しは気を使ってあげましょう。

POINT

・式場側のメイク担当者の好みが最善だとは限らない!
・どんな髪型にしようか、どんなメイクが良いか、全てメイクリハーサルで解決!
・メイクや着付けは、家族や親族の分も忘れずに!

装花・会場コーディネート

装花・会場コーディネート

装花・コーディネートの予算:5万~20万円

装花・会場コーディネート/結婚式・披露宴のアドバイス

装花は、披露宴会場の高砂のテーブルを飾るもの、来賓の卓上テーブルを飾るもの、ケーキやキャンドルを飾るものの3種類が必須で、通常はパックプランのもので充分です。
その他に、花嫁の髪に飾るもの、ウェルカムボードを飾るものなど、花を飾るところは沢山あります。
会場のカラーやウエディングドレスに合せた色の花を選択すると、一体感が演出できてお洒落です。
尚、コーディネート料については、式場によって様々で、式場のパックプランで充分な所もあれば、全然足りないところもあります。

一番気を付けなければならないのが、洋装形式で行う時に高砂を飾るジョーゼット(和装時の金屏風に当たるもの)でしょう。
5万~10万円もかかるのに、基本料金に含まれる所と含まれない所があるので、見積を比較する場合には気を付けましょう。

POINT

・会場のカラーや花の色を近い色で統一すると、一体感が演出できてお洒落!
披露宴会場のコーディネート費用は、結婚式場によって基本料金に含まれるかどうか異なる!
・洋装の披露宴で高砂にジョーゼットが必要かどうかはブライダルフェアで判断する!

介添料・心付け

介添料・心付けの費用

介添料・心付けの予算:2万~5万円

介添料・心付け/結婚式・披露宴のアドバイス

介添料はプランに含まれていることが多いですが、その場合でもご祝儀として会場係、介添人に心付けを出すことになります。
友人に司会者、受付を頼んだ場合にもそれぞれ2~3万、3~5千円程度のお礼を渡しましょう。
詳しくはこちらでご紹介しています。

心付け・お礼マニュアル

POINT

介添料はプランに含まれていることが多く、基本的に心付けは不要!
・でも、専任の会場係と介添え人の2人には心付けを渡すのもお勧め!

招待状・席次表・メニュー

招待状・席次表・メニューの費用

ペーパーアイテムの予算:10万円

招待状・席次表・メニュー/結婚式・披露宴のアドバイス

結婚式のペーパーアイテムは、一番の節約ポイントです。
自分達の個性が出せるところでもありますので、オリジナルアイデアで頑張りましょう。
但し、宛名書きは頼んだ方が無難です。
1枚150円、80枚でも1万2千円とたいした金額ではないのに自分で書くとかなり大変です。

しかも綺麗に書けなかったり。。。
プリンターで印刷という手もありますが、年配の方には嫌がられることも。

返信ハガキは自分の宛名を書くものですので、印刷でもかまいませんが、必ず切手を貼りましょう。
また、切手はお祝い用のものがありますのでそれを利用しましょう。

ウエディング・ペーパーアイテム

POINT

結婚式のペーパーアイテムは、一番の節約ポイント!
・宛名書きは頼んだ方が無難!プリンターで印刷は年配の方に嫌がられることも。
・返信ハガキは自分の宛名なので印刷でOK!
・返信ハガキには必ず切手を貼る!
・切手はお祝い用のものを利用する!

 /  / 

次は引き出物・音響・BGM・写真・ビデオのアドバイス