結婚式費用の予算と見積

結婚式の費用

結婚式の予算にはご祝儀の金額も資金繰りに入れる

「5、500万円!!」っとびっくりされた方も多い事でしょう。
でも、ちょっと待ってください。
披露宴を行う場合は、けっこうな額のご祝儀がもらえますので、それも考慮に入れてみましょう。
ちなみに、結婚式の費用として、ご祝儀の金額を当てにすることは、全く失礼なことにはなりません。
ご祝儀の推定額は、このような資金繰りに重要に関わって来ますので、必ず収支予想を立てましょう。

ご祝儀の金額の見積例

結婚式の招待客80名の内、半分の40名をご夫婦とした場合、そのご祝儀相場は一組で5万円なので、20組×5万=100万円。
半分の40名の内、20名のご祝儀は、3万円として、20名×3万=60万円。
残りの20名のご祝儀は、2万円として、20名×2万=40万円。

結婚式披露宴にお一人で来る方のご祝儀相場は概ね3万円で、若い方は2万円くらいです。
来賓の方は10万円くらい包んでくれますが、代わりにお車代を渡したりするので、高額なご祝儀を見積もりには入れない様にしましょう。

100万円+60万円+40万円で、結婚披露宴80名の招待客でのご祝儀の合計額は、この場合、200万円です。
どうですか?けっこうな金額になりますよね。
よって、結婚に必要な予算は、上記のプランでも、500万円-200万円=300万円になります。

このように、ご祝儀の金額は、かなり大きなものになりますので、披露宴を行う場合は、資金繰りの計画に入れない訳にはいかないのです。
すぐにでも、二人で大体の招待客をリストアップして、ご祝儀の総額を予想してみましょう。

逆に、結婚式の費用は、ご祝儀の金額でトントンと見積もっていらっしゃる方は注意が必要です。
280万円-200万円ですから、80万円の赤字になってしまいます。

どちらの計算も、内容を考慮していない概算金額ですから、もちろん正確ではありません。
ご祝儀の金額には世間一般的な相場がある為、盛大な結婚式ほど赤字になり、慎ましやかな結婚式であれば、トントンで済ませられる場合もあります。
ですが、結婚式場やホテルを利用した場合は、まず赤字になるでしょう

結婚式のご祝儀の金額相場はコチラ

このご祝儀の金額を考慮に入れて、結婚資金・結婚式の費用が足りていれば問題ありません。
即GO!です♪

POINT

・貰えるご祝儀の金額を推測する事は当たり前で大事なこと!
ご祝儀の金額はかなりの金額になるので資金繰りの計算に入れない訳にはいかない!
結婚式の費用ご祝儀の金額だけでは足らない!

結婚式の予算が足りない場合

結婚式の予算が足りない方は、もっと節約するか、両親に援助をしてもらいましょう。
親の援助は、できるのであれば、ぜひお願いするべきです。結婚と言うのは二人だけの問題ではなく、家同士の問題ですからね♪

ちなみに、世間的には実際どうなんでしょう?
結婚式をあげたカップルの半分以上は親の援助があった」と言うデータがどこぞのサイトに掲載されていましたが、=「半分以上のカップルが親の援助を受けている」と考えるのは間違いです。
要は、親の援助を受けられたから結婚式をあげられた訳で、親の援助がなかった(頼める状況ではなかった)為に結婚式をあげない選択をしたカップルも、今の時代、非常に多いのです。でも、その数が計算に入っていません。
また、挙式のみや、食事会程度の場合でも、全然OKだと思いますが、これらのスタイルは、挙式を上げてる場合は二手に分かれますが、「結婚式を上げていない」と判断される場合が多いです。

足りない費用は頑張ってこれから貯蓄しましょう!
でも、そうは言っても300万円は大金です!
もちろん、上記プランは一例で、あなたのプランでは異なる金額だとしても、足りない方はきっと多いはずです。
でも、ご心配なく。ここからが本番です!!
結婚式の費用新婚旅行の費用新居の費用をもっともっと考えていきましょう。

結婚式・新婚旅行・新居でお金を掛けるポイントは?

親の援助が期待できない。期待できても足りない場合は、もっと節約しなければいけない訳ですが、その場合、全体的に節約できるところはするにしても、まず、結婚式、新婚旅行、新居の3つに優先順位を付けましょう。
自分達が何を重視したいのか、じっくり二人で話し合ってください。ここが大事!
そして、優先順位の低いものほど、もう思い切って節約しちゃうのです。
ちょこちょこと、その今のプラン内で節約するのではなく、優先順位の低いものは、がっつり、全体的にもう他のプランに変更しちゃうのです。

例えば・・・
結婚式は親族のみで挙式と食事会を行う。」
-200万円!(但し、ご祝儀も大幅減額)
新婚旅行には行かない。」
-30万円!
「しばらくは、2Kの安アパートで我慢する。」
-30万円!
家具・家電は全てリサイクルを利用する。」
-80万円!
引越しは自分達で行う。」
-10万円!

あなたが許せるのはどれですか?
全部許せるなら、-350万円!
計160万円で済んでしまいます。
でも、一度限りの甘~い時ですから、どれかにお金をかけても良いのではないでしょうか?
何事も、ポイントを絞ることが重要ですよ♪
結婚式の費用新婚旅行の費用新居の費用で、優先順位の高いものは、順位の低いものを削った分、若しくはその半分くらいのお金をかけてもいいかもしれませんよ♪
よく、2人で相談しましょう。

この事は、お金に余裕がある方にも当てはまります。
例えば、前述の結婚式の総予算500万円プランの場合を例に取ってみます。
ご祝儀の予算200万円分を引いて、300万円の結婚資金が二人の貯金で十分足りていたとしてもです。

まず、結婚式レストランウエディングにして、結婚式の費用を240万円に抑えます。
レストランでも素敵なところは多いですし、ドレスのお色直しもきちんとできます。
また、教会が隣接しているところもあって、ホテルにだって負けていません。
引越しは自分でやって、家電の一部を買い換えるのを諦めれば、30万円節約できます。
40万+30万=70万円!
ちょっと考え方を変えるだけで、70万円も節約できてしまいます。
その70万円を新婚旅行代に継ぎ込めば、新婚旅行の予算はなんと100万円!
アメリカのフロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールドにだって二人で行けちゃいます♪

子供が出来るといろいろ忙しくて、ゆっくり海外旅行なんて行けなくなります。
歳を取って時間ができるころには、激しい乗り物になんて乗れないかもしれません。
チャンスは今だけ!って言う考え方の場合ですね♪

結婚式をもっと盛大にしたり、新築マンションの頭金にしたり、人によって優先すべき項目は異なるでしょうが、どれかに的を絞ると、その対象をグレードアップすることができるのです。
これってかなりオススメですよ!
もちろん、全部をそれなり!が自分好みだって全然問題ありませんからね♪

POINT

結婚式新婚旅行新居の3つに分けて考える!
・優先順位の低いものほど思い切って節約!
・予算が足りている方でも同じ様に考えれば優先順位の高いものをグレードアップできる!

 /  / 

次は結婚式・新婚旅行・新居のポイントを絞る際の注意点