新生活の節約術、節約できる裏技

新生活準備マニュアル

結婚式に新婚旅行新居に移り住んで、家具も購入してと、新生活はお財布がスッカラカンの状態です。新居を購入された方は住宅ローンも払っていかなければなりません。
主婦の方は、一生懸命働いて稼いだ給料を、きっちり家計簿を付けて管理し、地道に節約しながら、やり繰りして行く義務があります♪

だからと言って、せっかくの楽しい新婚生活が、みすぼらしいものになってしまってはいけません。
新婚生活は、一生に一度きりの、楽しい時間です。できるだけ節約しながらも、二人で楽しい暮らしをしたいものです。

ここでは、そんな結婚直後の二人向けの新生活の節約ポイントをご紹介します。

新生活の節約術、節約できる裏技

新生活の節約術

それでは、早速、楽しい新婚気分を味わいながら実行できる、無理のない節約技を、注意点と成功するポイントを交えながら、ご紹介します。

お小遣いを減らして節約/新生活の節約術

節約金額:月2万~5万円


節約するのに誰もが真っ先に考えるのが、お小遣いの減額です。
お小遣いの減額は、無駄遣いをしなくなるだけでなく、自分が自由に使えるお金が減るので、日常の節約の意識改革にもなり、非常に有効な手段です。

でも、あまりお小遣いを大きく減額するのは考え物です。
お小遣いを減らしすぎて、窮屈な思いをするのでは、せっかくの楽しい新婚生活が台無しです。
お小遣いを減額する金額は、無理のない範囲で、旦那さんに決めてもらいましょう。
一般的に、お財布のヒモがユルイのは旦那さんの方なので、その旦那さんに決めさせてあげるのです。
旦那さんに決めてもらえば、増額したいと言われたとしても、決めたのは誰?と言って、簡単にかわせます。
もし、奥さんの方が浪費家であれば、奥さんに決めさせてあげましょう。
最大の注意点は、お小遣いなしはダメ!と言う事です。
ぜ~ったいに!何かしら買いたいものが必ずあります。週刊誌、好きなアーティストのCD、ゲーム等の趣味、レンタルビデオ、外食時の飲食等、生活には直接必要のないちょっとしたものの購入代金を、お小遣いではなく生活費で払う事になる為、いくら使ったか分からなくなり、お小遣い制以上に出費が多くなる事が非常に多いので注意が必要です。
目標としては、月のお小遣いの金額は1人3万円以内です。
そして、趣味のお金や不必要な外食費等は、家計から支出しない様に徹底しましょう。

待機電力カットで節約/新生活の節約術

節約金額:月数十~数百円


こちらも節約項目としては一般的な電化製品の待機電力のカットです。
常時使用するテレビのコンセントを一々抜き差しする必要はないと思いますが、夏しか使わないクーラー等の季節家電のコンセントを差しっぱなししているのは、あきらかに無駄ですね。
節約できる金額は微々たる物ですが、塵も積もれば山となります。
コンセントを抜くだけですので、炊飯器やポット、ゲーム機等、1日の内に何度も使用しない、使用頻度の低い電化製品は、コンセントを抜きましょう。

でも、テレビのような使用頻度の高いものまで、コンセントを抜くと、煩わしさの方が上回ります。
几帳面な方は、こういったものまで、徹底したいと思われますが、パートナーがそうではない場合は要注意です。
違う人間が一緒に暮らすのですから、考え方が異なるのは当たり前です。
新婚生活は、まだ一緒に暮らすことにお互いが慣れていませんので相手の意見を尊重し合いましょう。

平均的な考え方として、季節家電や数週間に1回しか電源を入れないものは、コンセントを抜くのは当たり前で、1日に1回程度使用する洗濯機や携帯電話の充電器はケースバイケース、
1日に何度も使用するテレビや、予約機能があるビデオ類のコンセントまで抜くのはやり過ぎと言えるでしょう。
但し、ドライヤー等水周りで使用する消費電力の大きな機器は、危険なので、その都度コンセントを抜きましょう。

新聞を取らないで節約/新生活の節約術

節約金額:月4千円


この、新聞を取らないというのが意外とオススメの節約技なんです♪
自宅でこのサイトを見ている方なら、インターネットでニュースやテレビ番組の情報も、簡単に手に入ります。
月4千円、年間約5万円というのは、けっこう大きな金額です。
新聞を、何も考えずに惰性で取っていませんか?

インターネットで情報を得るとして、唯一困るのは、近所のスーパーの安売りチラシが手に入らないことなんですが、実は、安売りの品って1個平均50円程度安いだけで、計算してみると、月に千円も得することは少ないんです。
それに、特売日って大体決まっていませんか?
スーパーに行けば、その日の特売情報が貼ってあるので、それを確認すれば良いことです。

暖房にはファンヒーターを使って節約/新生活の節約術

節約金額:月数百~千円


一番熱効率の良い暖房器具はファンヒーターなんです。
エアコンは、手軽ですが電気代がびっくりするほど高いです。
床暖房なんて、ガス代がもの凄~く高いので、はっきり言って、節約する為には、まず使わない方が良いでしょう。
マンションに標準で床暖房が付いていても、宝の持ち腐れになりますので、新居を決定する際の条件に、床暖房は必要ないと思います。

ご飯をまとめ炊きして節約/新生活の節約術

節約金額:月数百円


こちらも節約でお馴染みのご飯のまとめ炊きです。
炊飯器でたっぷりご飯を炊いておいて、残りは1膳くらいずつ区分けして、ラップで包んで冷凍しておきます。
食べる時は、必要な分だけレンジで温めるだけ♪
解凍する必要はなく、即「温め」で大丈夫です。
炊飯時の電気代が節約できるだけでなく、ご飯を炊く手間が省けて大変ラクなオススメ節約術です。

冷蔵庫を上手く使って節約/新生活の節約術

節約金額:月数百円


冷蔵庫の設定温度は、季節ごとに変えましょう。
冬場は寒いので、設定温度を低くする必要がありません。
設定温度をどのくらい抑えれば良いかどうかは、冷蔵庫の性能や置き場所、使い方、住宅の造りによっても違うので、ちょっとわかりませんが、あきらかに夏場のパワーは必要ありませんので、温度設定を絞りましょう。

尚、基本中の基本ですが、冷蔵庫は開けっ放しにしないこと。
扉の開閉はできる限り素早く行いましょう。

また、冷蔵庫は物を詰め込みすぎると、冷蔵効果が弱まります。
必要な物を取り出すのも時間がかかるようになり、扉を開けている時間も長くなるので、冷蔵庫の詰め込みすぎは、できる限り控えましょう。
ちなみに、冷凍庫は詰め込みすぎても冷凍効果は低くなりません。

水道代の節約/新生活の節約術

節約金額:月数百円


歯を磨く時、水を流しっぱなしにしていませんか?
水はなるべく流しっぱなしにしないように、日ごろから節水を心がけましょう。

また、風呂場の水位はなるべく下げて、最小限に留めます。
夏場は、風呂を沸かさず、シャワーを浴びるようにしましょう。ガス代の節約にもなります。
風呂を沸かす場合は、何度も沸かしなおしをしないように、家族で調整して入りましょう。
お風呂のフタは、身体を洗っているちょっとした時間でも、必ずしましょう。

更に、風呂の残り湯は、洗濯に使いましょう。
残り湯を汲み上げるポンプと専用ホース付きの洗濯機も多いですので、洗濯機はそういった機種を選びましょう。

テレビでもよく紹介されている節約技の中に、ペットボトルで水位を上昇させるというものがありますが、トイレのタンクにペットボトルを入れる場合には、ペットボトルに少し空気を残しておいて、底に沈まないように注意してください。
浮かんでいた方が取り出しやすいですし、沈んでしまうと故障の原因になる場合があります。

食器の洗い方で節約/新生活の節約術

節約金額:月数十~数百円


食器や調理器具は、使ったらすぐに洗う週間をつけましょう。
しばらく経つとこびり付いて、力を入れてよ~く洗わなければ落ちなくなりますが、それこそ時間と水の無駄です。

また、食べ終わった食器は、油物とそうでないものを一緒にしないようにしましょう。
何でもかんでも、一緒の水の中に付けてはいけません。油物でない食器まで、油まみれになってしまいます。
油物ではない食器の汚れは、少ない洗剤と少ない水で簡単にキレイになります。
油物ではない食器からササッと洗って、鍋やフライパンは一番最後に洗います。
キレイなものから洗い、汚れているものほど後に洗うと、洗剤や水が節約できます。

食費の節約/新生活の節約術

節約金額:月数千~5万円


食費で最もお金がかかるのは、外食費です。
だからと言って、付き合いもあるでしょうし、夫婦仲良く外でお食事というのは、月に1度くらいは行きたいものです。
でも、週末は毎週外食とか、週に数回も仕事帰りに飲んで帰って来るというのは考えものです。
こういった外食費を抑えるのは、節約の基本です。

また、食材も、賞味期限の切れそうなものは、即冷凍すると、無駄にならずに節約できます。
冷凍すれば、どんなものでも、数ヶ月は持ちます。
肉類や魚は当然冷凍できますが、生ラーメンや食パン等も冷凍できます。
食パンは、レンジで解凍せずに、そのままトースターで焼けば、美味しく食べられます。
安売りの時に大量に買っておいて、冷凍してしまえば、賞味期限に関係なく、いつでも美味しく食べられますので、食費も節約できます。

自動車関連の節約/新生活の節約術

節約金額:月数千円


自動車も、節約できる部分が多い節約対象です。
まず、日ごろから荒い運転は止めましょう。
ガソリン代も高くなっていますので、ちょっとしたことでも洒落にならないぐらい家計に響きます。急発進、急停車等、急の付く行為は止めましょう。
更に、ガソリンも空になりそうになってから給油するのではなく、安い時に給油しましょう。

また、もしもの時のロードサービス「JAF」は、運転されている方は加入している場合が多いと思いますが、年会費が4,000円もします。
実は、いくつかのクレジットカードには、JAFと全く同じロードサービスのオプションが付いていて、年会費がJAFより安い場合があります。

自動車には、節約項目がまだまだあります。
タイヤの空気圧は、しっかり規定値になっていますか?
空気が少ないと、タイヤの設置面積が増えて、燃費が落ちます。
また、ガソリンは、セルフスタンドを利用していますか?
自分で給油するだけでガソリン代が節約できるんですから、ちょっとしたことでも、きちんと節約しましょう。

最後に、これがけっこう大きいんですが、自動車保険は見直したことはありますか?
テレビCMでお馴染みのあの会社は、あなたの場合、どのくらい安くなるか知っていますか?
自動車保険は、10社以上の保険会社の見積を一括で比較できる無料のサービスが登場していますので、これを利用しない手はないでしょう。
自動車保険の一括見積サービスについては、専門サイトをご覧ください。
自動車保険見積比較ガイド

結婚式の節約術