家電購入時のポイントと選び方、家電購入リスト

新生活準備マニュアル

家具の次は家電です。ここでは、新生活に必要な一般的な電化製品をご紹介します。
家電はどんな物が必要なのか、予算はどのくらいなのか、概ね必要な金額や家電を事前にチェックしてください。

家電は全てすぐに買い揃える必要はありません。
家電はすぐに新しいものが出てしまいます。
必要な時に必要なものだけを購入された方が良いでしょう。

家電購入時のポイントと選び方、家電購入リスト

それでは、必要な家電のリストと金額、購入時の注意事項をご紹介します。

家電購入リスト

新生活に必要な家電・照明類のリストとその概算金額です。
この価格は大体の目安であって、もちろん製品の質やデザインによって金額は異なります。

項目 備考 単価 個数 金額
テレビ \5万 1 \5万
冷蔵庫 二人でも容量は大きい方がお勧め \15万 1 \15万
洗濯機 全自動タイプ \6万 1 \6万
電話 FAX付き \4万 1 \4万
掃除機 \2万 1 \2万
電子レンジ \3万 1 \3万
エアコン リビング×1、部屋×2 \7万 3 \21万
炊飯器 \2万 1 \2万
照明 リビング、ダイニング、部屋×3 \2万 5 \10万
調理器具 \3万 1 \3万
合計 \71万

家電購入時のアドバイス

上記、家電リストのテレビは、普通の液晶テレビの価格です。
結婚を機に、大型の液晶テレビや最新機種の購入を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
その場合には、サイズにもよりますが、プラス10万円~30万円になります。

冷蔵庫は大きいものが便利

冷蔵庫は、サイズが許す限り大きい方が便利です。
店員さんに、「結婚したばかりで2人暮らしです」とか言うと、すぐに小さめの冷蔵庫を進める店員さんが多いですが、大間違いですね。
最近は、冷凍食品がとても便利なので、いっぱい買ってしまいます。そうすると、すぐ冷凍庫がいっぱいになってしまいます。
共働きだと買いだめもしますし、子供が生まれればすぐ大きいサイズが必要になります。
冷蔵庫は、10年は軽く持ちますので、その前に買い換えるなんて無駄です。
絶対に、最初から大きいサイズのもの、最低でも400L以上をオススメします。
きちんと採寸して、スペースが許す限り、最大の冷蔵庫を購入しましょう。

冷蔵庫の扉は右開き?左開き?

冷蔵庫の扉は、右開き用と左開き用があります。どちらを購入すれば良いのでしょうか?
右利きだからとか、開く際の印象や好みで選んではいけません。
冷蔵庫の扉の開き方には、左右どちらが標準とか言うのも、もちろんありません。

冷蔵庫の扉の開き方は、キッチンのどこに冷蔵庫を配置するかによって選びます。
選び方は、まず、料理の時、冷蔵庫から物を取り出してどこにおくかを考えます。
冷蔵庫から出した野菜や肉類は、洗ったり切ったりするのに、流し台のスペース、まな板の上等に置くはずです。
その作業をする位置に立って、扉が自分に開く方が、最も作業がし易いですよね。
つまり、その開き方をする冷蔵庫が、あなたのお宅にあった冷蔵庫なんです。
ちなみに、両開きと言う冷蔵庫もあって、これは引っ越しても問題なく使用できて便利です。

照明は安いもので十分

リビングや寝室には値段の高いものをと考えてしまう照明ですが、ちょっと待ってください。
リビングやダイニングは、確かに部屋の雰囲気にマッチしたデザインの照明を選んだ方が良いでしょう。また、間接照明を利用するのも、お部屋の雰囲気がグッと良くなります♪

でも、寝室や子供部屋なんて、お客さんは来ないし、いざ買って使ってみると、天井なんてあまり気にしません。
部屋のサイズに合ったインバーター付きのものであれば、安売り品でかまわないでしょう。
インバーターは、照明のチカチカを押さえ、安定した明るさで目に優しく、消費電力も低く、すぐ点灯するので、照明としては必需品と言えますが、逆にインバーターさえ付いていて、容量が部屋のサイズに合っていれば十分なんです。

リビングやダイニングでも、デザインは重要なのですが、似たようなデザインのものがあれば、高級品でなくても良いでしょう。
近寄ってじっくりチェックできませんし、価格の安いものでも早く壊れるといったことはありません。

ちなみに、蛍光灯と電球では、蛍光灯の方が電気代が大幅に安いです。
ただ、蛍光灯は点灯するのに電力を多く使う為、点けたり消したりを頻繁に行う場所には向いていません。
お部屋の照明は蛍光灯、トイレや洗面所等の照明は電球が適している訳です。

尚、電球のオレンジ色っぽい明かりは、安らぎがあって良いですが、この明かりは蛍光灯でも出すことができます。
蛍光灯の電球色というのを購入すれば良いんです。
また、電球型蛍光灯というのがありますので、電球しか付けられないシャンデリアも蛍光灯を付けることができます。
リビングのシャンデリアは、蛍光灯の方が、電気代も節約できてオススメです。

季節ものはその時期に購入

夏に必要なエアコン、クーラーを冬に買う必要はありません。
エアコンは暖房にも使えますので、冬にも使えますが、エアコンは、暖房に使うと非常に電気代がかかります。
新生活は何かと物入りですので、冬場は節約の為にもファンヒーターがオススメです。
クーラー、エアコンの購入は、費用負担を考え、夏前まで購入を待ちましょう。
また、冬場のことを考えて、ファンヒーターや加湿器を、夏に購入する必要もありませんからね♪

家電は、すぐに新製品が出るので、早めに購入したその商品が、いざ使う時期になったら、店頭で大安売りしていたなんて笑い話はよく聞きます。
だからと言って、暑くなってからのエアコンの工事は、2~3週間待ちぐらいになってしまうので、設置工事が必要な機器は、少し早めに購入しましょう。

家電リサイクル法対象品目について

家電を新たに購入するということは、今まで使っていた家電は必要なくなる訳です。
親元から独立する場合には、そういった問題はありませんが、そうではない方は、オークションで売りさばいたり、誰かに譲ったり、捨てたりして処分する必要があります。
でも、捨てる場合は、ちょっと注意が必要です。
家電製品は、平成13年4月1日より、家電リサイクル法が施行されていて、無料では捨てられなくなっていますので、粗大ゴミとして出すことができません。尚、リサイクル製品はゴミではないので、有料でも捨てられません。

これらについては、新生活準備マニュアルの「大物家具や大物家電は新居へ直送」の項で触れていますので、そちらもご覧ください。
新生活準備マニュアル

・家電リサイクル法対象品目
エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機

・リサイクル料金

品目 リサイクル料金(税別)
テレビ \2,700
冷蔵庫(冷凍庫) \4,600
洗濯機 \2,400
エアコン \3,500

家具購入のポイントと家具購入リスト
新婚生活の節約術