結婚式っていくらかかるの?

結婚式の費用

結婚式場に訪れると、最初に概算見積というものをもらいます。
でも、この見積はあくまで参考です。
もらえる見積自体、40人の場合、60人の場合、80人の場合とあらかじめ印刷されたものをくれるだけのところもあれば、こちら側の希望にそって見積を計算してくれるところもあります。
もちろん、印刷されたものしかくれないところも、打ち合わせで、きちんとした見積をくれます。
人気の結婚式場等では、お客さんを効率良くさばく為に、こういったものが取り入れられています。

結婚式っていくらかかるの?

この見積は、結婚式場を最初に選ぶ段階で重要なアイテムになる訳ですが、この最初にもらう見積金額では、結婚式は行えないと言って良いでしょう。
こちら側の要望にそって作成してくれた見積表でも同じです。
本契約前にもらう最初の見積表の金額のままで、結婚式を挙げることは、まずできないと言って良いでしょう。

最初にもらう見積は、「最低限度の費用しか含まれておらず、実際にはオプション費用等がプラスされる」と言うような説明の雑誌やサイト等を見かけますが、正確ではありません。
最低限度の費用というからには、節約すれば、その費用でできちゃうように感じますが、実際には最低限度の項目に足らず、「オプション費用をプラスしないと通常の結婚式にはならない」と言った方が良いでしょう。

挙式、披露宴にかかる費用と目安

結婚式の費用/見積に含まれるもの

● 挙式料 <5万~20万円>
● 衣装<25万~35万円>
● ブーケ、ブートニア<3万~10万円>
● 装花、コーディネート料<5~20万円>
● ヘア、メイク、着付け<5万~10万>
● 介添料<約1万円>
● 招待状、席表、メニュー表など<約10万円>
● 料理、飲み物<1名につき1万5千~2万5千円>
● ウエディングケーキ<5万~10万円>
● 引き出物、引き菓子<1名につき5千~7千円>
● 音響、照明等の演出料<5万~10万円>
● 写真<10万~30万円>
● 宴席料、控え室使用料<5万~10万円>

結婚式の費用/見積に含まれないもの

● 結婚指輪<10~30万円>
● BGM、カラオケレンタル<2~10万円>
● 司会者<5~10万円>
● 飲み放題<10万~30万円>
● ビデオ撮影<10~20万円>
● 写真の焼き増し代<5~10万円>
● 持ち込み料<10~50万円>
● ジョーゼット<5~10万円>
● メイクリハーサル<2万~3万円>
● 贈呈花<1~2万円>
● 心付け<1~5万円>
● 引き出物の紙袋<1~3万円>
※実際に含まれるかどうかは式場によります。

結婚式の費用と予算・結婚資金

実際の結婚式の金額と見積表の比較

それでは実際にかかる結婚式の金額と見積を比較してみましょう。

一般的にレストランウエディングの方が安くあげられます。
結婚式の費用は、ホテルや結婚式場の場合は1人当たり4~5万円程度、70人なら280万~350万円くらいと見ておいた方が無難です。
ここでは、式場比較の下見段階でもらえる概算見積と実際にかかる費用の違いを、ホテルや結婚式場の場合を例にとってご紹介します。
尚、結婚指輪は一般的に持ち込むものなので見積もりに含まれませんが、ちょうど、結婚指輪の費用10~20万円程度が概ね節約で捻出できる金額です。

結婚式の見積と実際の金額(ホテル挙式:70名、半数は夫婦同伴)

項目 備考 単価 個数 見積金額 実際の金額
宴席料、控え室使用料 プランに入ってる場合が多い \80,000 1 \80,000 \80,000
挙式費用 神前式なら8万程度 \120,000 1 \120,000 \120,000
フラワーシャワー \10,000 1 \10,000
料理 1万円は最低ライン \10,000 70 \700,000 \700,000
料理グレードUP オススメ \3,000 70 \210,000
飲み物代 乾杯、赤、白ワイン各1杯 \3,000 70 \210,000 \210,000
飲み放題 まず必要 \3,000 70 \210,000
ウエディングケーキ 入刀用作り物 \35,000 1 \35,000 \35,000
持ち帰り用ケーキ \350 70 \24,500 \24,500
メインキャンドル OPだが見積には大抵入ってる \20,000 1 \20,000 \20,000
卓上装花、キャンドル プランに入ってる場合が多い \15,000 7 \105,000 \105,000
メインテーブル装花 プランに入ってる場合が多い \80,000 1 \80,000 \80,000
ウエディングケーキ装花 プランに入ってる場合が多い \12,000 1 \12,000 \12,000
ジョーゼット 和装の場合は金屏風 \80,000 1 \80,000
音響、照明(基本) BGMは含まれない \40,000 1 \40,000 \40,000
音響グレードUP まず必要 \70,000 1 \70,000
衣装(男性タキシード) 持ち込む場合は別途持込料 \20,000 1 \20,000 \20,000
衣装(女性白ドレス) 持ち込む場合は別途持込料 \100,000 1 \100,000 \100,000
ブーケ(白ドレス用) \30,000 1 \30,000 \30,000
白ドレスグレードUP、小物 節約ポイント \50,000 1 \50,000
衣装(男性お色直し) 持ち込む場合は別途持込料 \30,000 1 \30,000
衣装(女性お色直し) 持ち込む場合は別途持込料 \100,000 1 \100,000 \100,000
ブーケ(お色直し用) \20,000 1 \20,000
色ドレスグレードUP、小物 節約ポイント \30,000 1 \30,000
美容、着付け(男性) \10,000 1 \10,000 \10,000
美容、着付け(女性) \70,000 1 \70,000 \70,000
メイクリハーサル(女性) \20,000 1 \20,000
介添料 プランに入ってる場合が多い \15,000 1 \15,000 \15,000
心付け \15,000 1 \15,000
引き出物、引き菓子、袋代 夫婦には2人で1つ \4,500 35 \157,500 \157,500
司会者 まず必要 \50,000 1 \50,000
スタジオ写真(四ツ切り) ネガはもらえない \15,000 3 \45,000 \45,000
スナップ写真(ネガ付き) 頼んだ方が無難 \100,000 1 \100,000
ビデオ撮影 \150,000 1 \150,000
招待状 \500 70 \35,000 \35,000
宛名書き 頼んだ方が無難 \150 70 \10,500
メニュー、席次表 節約ポイント \500 70 \35,000 \35,000
席札 節約ポイント \100 70 \7,000 \7,000
芳名帳 \3500 1 \3,500 \3,500
芳名帳追加 両家に1つずつ必要 \3500 1 \3,500
贈呈花 \10,000 2 \20,000 \20,000
税金(他) \207,450 \207,450
追加分の税金(他) \105,900
合計 \2,281,950 \3,446,850

※プランとは、式場が用意するお得なプランのことで、宴席料、控え室使用料、挙式費用、食事代、飲み物代、装花、招待状等がセットになっています。
その他、衣装、着付け料等もサービス価格になる特典が付いている場合が多く、このプランを上手に利用すればもう少し安くなります。
※挙式で使用する結婚指輪は別途購入して持ち込むものなので、見積もりには含まれません。
※価格は目安であって場所毎に異なります。

結婚式でその他にかかる金額

それでは、見積に含まれないアイテムを具体的に解説します。

最初の見積表に含まれないもの具体例

●結婚指輪<10~30万円>
お気に入りのものを購入して当日に持ち込みます。婚約指輪とは違います。
結婚指輪だけ、上記見積もりにも含んでいませんので、費用の追加を忘れずに。
いろいろ節約できる方は、節約分がちょうど結婚指輪代と考えて良いでしょう。

●スタジオ写真(四ツ切り、六ツ切り)追加<1万5千~5万円>
基本は、新郎新婦(挙式スタイル)、新郎新婦(お色直しスタイル)、集合写真の3枚です。
お色直しが増えればその分、和装、新郎新婦の上半身のみ、新婦のみと、追加したいカットは沢山あります。
確かに町の写真屋さんと比べて、式場の写真は出来上がりが素晴らしいので、何点か追加するのも良いでしょう。

●スタジオ写真焼き増し代<3~15万円>
スタジオ写真はネガやデータがもらえない場合が多いです。少なくとも、両家のご両親に全カット計6枚は焼き増しが必要です。
この焼き増し代が1枚5千円以上もするので、集合写真を親族に配る場合は気をつけましょう。
けっこうな出費になります。

●ビデオ撮影<10~20万円>
記録は大事です。後で後悔しないように!

●持ち込み料<10~50万円>
外部に安いところを見つけても、ウエディングドレスやウエディングケーキ、引き出物等は、持ち込むのに手数料を取られます。

●ジョーゼット<5~10万円>
和装時の金屏風に当たるものです。会場によって含まれていたり含まれなかったりします。

●贈呈花<1~2万円>
花嫁が両親に送る花束です。送らない方もいる為、見積には含まれていませんが、贈る方が多いです。

●司会者<5~10万円>
見積に含まれている会場もありますが、含まれていないところもあります。

●飲み放題<10万~30万円>
料理時の飲み物代は、通常、飲み放題にした方が安上がりになります。

●メイクリハーサル<2万~3万円>
お化粧は、ドレスやヘアに合わせ、通常よりも多少派手目にする必要があります。
また、ヘアスタイルもなかなか決まりません。後悔しない為にもリハーサルは必要でしょう。

●その他の演出<1~30万円>
挙式にソリストを頼むと2万円程度、ピアノのレンタルは2万5千円程度、カラオケのレンタルは2万円程度、シャンパンタワーは7万円程度、鏡開きは10万円前後、ちょっとお洒落なチェアドレス(椅子の装飾)は一脚300円程度(70人で2万円前後)といったところが一般的な追加アイテムです。

結婚式の見積時点での注意点

如何でしょうか?
結婚式の費用は、ホテルや結婚式場の場合は1人当たり4~5万円程度、70人なら280万~350万円という金額が節約できるところは節約した一般的な金額ということがおわかり頂けたと思います。
シャンパンタワーや鏡開きといった追加アイテムは、ゴージャスな分類に入ります。
それでも一生に一回の結婚式(一般的に)です。
美味しいケーキ屋さんに特注の生ケーキを発注したりと、やりたかった夢を実現させるのも良いでしょう♪しかし、ここで注意して頂きたいのが「300万円も330万円もあまり変わらない、やるならやりたいものを全てやろう!」といった落とし穴にはまることです。
わかっていても、その時になるとけっこうこのような考えに流れてしまいます。
全体の何%と言う考え方ではなく、30万円という金額は給料1ヶ月分ということを忘れずに。

婚約指輪の費用と選び方
結婚式の仮予約段階だからできる裏ワザ
結婚式の費用と予算・結婚資金

誰でもできる簡単ブライダルエステ